証明書の発行業務

  • HOME
  • 証明書の発行業務

建築工房クラフト 一級建築士事務所は、『フラット35の適合証明書の発行業務』と『耐震基準適合証明書の発行業務』を行っております。
『フラット35』または、『住宅ローン減税』のご利用をお希望の場合は、購入される住宅が各機構の定める技術基準に適合しているかどうかを、検査機関や適合証明技術者による適合証明(物件検査)を受けて証明する必要がございます。
建築工房クラフトでは、責任を持って迅速に対応させていただきます。

フラット35の適合証明書の発行業務

『フラット35』を利用するには?

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。
こちら利用するためには『フラット35の適合証明書』が必要となります。

借入対象となる住宅
  • 住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅
  • 住宅の床面積が、次表の基準に適合する住宅
    一戸建て、連続建ておよび重ね建ての場合:70㎡以上
    共同建て(マンションなど)の場合:30㎡以上

『フラット35の適合証明書』を発行するためには

確認すること・必要なもの
(物件ごとに異なりますので、詳細は弊所へお問い合わせください。)
  • 新耐震・旧耐震建であるかご確認ください。
    「建物の登記事項証明書にて原因及びその日付」または、「建築確認申請書」の許可日にて確認できます。
  • 申請書
  • 謄本(建物全部事項証明書/土地・建物)の写し
  • 図面、または間取りの分かるもの
  • 建築確認許可書等
  • 管理規約(使用細則以降は必要ありません)写し
  • 長期修繕計画書

などの書類をご用意いただけるとスムーズです。必要な書類はお客さまごとにご案内いたしますので、まずは、お問い合わせください。

費用について

費用につきましては、各物件ごとに異なる場合もございますので予めご了承ください。
お見積りのご依頼につきましては、お気軽にお問い合わせください。

診断料 中古一戸建ての場合
¥00,000円
中古マンションの場合
¥00,000円
適合審査料 ¥00,000円
適合証明書の発行手数料 ¥00,000円

 

耐震基準適合証明書の発行業務

『耐震基準適合証明書』とは?

耐震基準適合証明書は、建築士などの専門家が建物の耐震性が基準を満たすことを証明する書類です。
住宅ローン減税をご利用になる場合などに使用されます。築年数や工法により取得のための手続きが異なりますので、まずはは弊所までお問い合わせください。

『耐震基準適合証明書』を発行するためには

確認すること・必要なもの
(物件ごとに異なりますので、詳細は弊所へお問い合わせください。)
  • 建築確認通知書の写し
  • 検査済証の写し
  • 建物の登記事項の写し
  • 建物配置図
  • 建物の各階平面図・立面図
  • 建物概要書
  • 販売図面
  • 案内図

などの書類をご用意いただけるとスムーズです。必要な書類はお客さまごとにご案内いたしますので、まずは、お問い合わせください。

費用について

費用につきましては、各物件ごとに異なる場合もございますので予めご了承ください。
お見積りのご依頼につきましては、お気軽にお問い合わせください。

診断料 中古一戸建ての場合
¥00,000円
中古マンションの場合
¥00,000円
適合審査料 ¥00,000円
適合証明書の発行手数料 ¥00,000円